FC2ブログ

【Shrimp Award 2018 】


       ↑ 画像クリックでページに飛びます




今年から始まったシュリンプコンテスト最大のイベント【Shrimp Award 2018 】の結果が発表されました

コンテストに参加されたシュリンプ愛好家の方々、コンテストを運営された方々、よいイベントを本当にありがとうございました。
このすばらしいコンテストに弊社もスポンサーとして協力できた事を光栄に思います。

弊社、仕事の都合上グランドチャンピオンシップに進めた方々のシュリンプを目視できなかった事が残念でした。
画像で拝見しましたが、どのシュリンプもみな世界レベルだと思う中、特にレッドビーは日本発祥のカテゴリーなので全てのシュリンプは私的感想ですが世界トップレベルだと思います。

海外のトップ愛好家の方々もこのコンテストには注目をしていたので、かなり度肝を抜かれたのではないでしょうか。
グラチャンに進出された方々は来年は世界大会にも積極的に参加して、シュリンプ同様に背中に日の丸を背負って、是非タイトルを勝ち取って貰いたいです。

参加者の長い年月を掛けて拘って飼育されたのが伝わりました。
日本人ならではの頑固な拘りを見させて貰いました。

シュリンプ1個体の大きさやスタイルや発色が輝く期間はほんの半年ぐらいです。
でもたかが半年ですが、納得した個体を出すには数年~十数年の蓄積した歳月の飼育が必要で、どこかで少しでも拘りを無くした時期があれば数年後には個体に必ずマイナス要素がでてくると思います。
今後も自分にブレない飼育をし、綺麗なシュリンプの飼育を楽しんで下さい。
皆さまの更なる進歩に期待致します。

数年後には【Shrimp Award】は世界トップレベルのシュリンプ大会イベントになるように皆んなで協力し合いましょう。

本当に良いイベントをありがとうございました!

                           〓Choice〓 磯和
スポンサーサイト

【バブルアップ】

 商品名:【バブルアップ】  ※オープン価格   
                          JAN-4573105070279



投げ込みフィルター独特の水面の水跳ねを和らげる効果があります。

下の画像の【セットイメージ】のようにフィルターの吹き出し口とバブルアップのC部品に隙間(5mm~10mm)を開ける事によって、泡が上昇する水の流れに周りの飼育水が巻き込まれて上昇するので、水槽全体の飼育水が緩やかに循環し飼育水の活性化止水域エリアを少なくする効果もあります。



bu1.jpg

bu2.jpg


【組み立て・セッテイング動画】



【マルチホルダー】

 商品名:【マルチホルダー】  ※オープン価格   
                            JAN-4573105070262



デジタル水温計や網などを手軽に置いたり掛けたり出来るクリアーなホルダーです。
吸盤で水槽面に付けタイプなので、吸盤が付く所であれば好きな場所にセットできます。
水温計や網以外でも、
水槽を立ち上げた日時などのメモを置いたり出来るマルチホルダー!

※注意 
吸盤の劣化で外れる場合があるので、メンテナンスハサミやピンセットなど重い物は置かないで下さい




mh4.jpg


mh1.jpg

MMM2.jpg

mh7.jpg


mh2.jpg

mh3.jpg
(画像:日本動物薬品(株)社 マルチ水温計CT)



【MHJ-3P】

【MHJ-3P】 マルチ・ハイブリッド・ジョイント!   
               ※オープン価格    JAN-4573105070255

『市販商品のパーツを使って自分だけのオリジナルアイテムを!』 

個々の自由な発想や拘りで、いろんな商品パーツの組み合わせが簡単にできるカスタムパーツです。
アクアリウムを幅広く無限大に楽しみましょう~


Let's have fun ”aquarium”!

『飼育も商品も新しいアイディアは物を弄った向こう側にある
 例えそれが失敗だったとしてもいつか必ず成功の道しるべとなる!』



MH.jpg

IMG_2158.jpg
【 付属部品 : P1  P2  栓 】   

HMJ1.jpg


【MHJ-3P】 使用例の動画


使用例(1)



使用例(2)



使用例(3)



使用例(4)

【使用例(4)の動画に使用した商品】
1 モーターヘッド (GEX社 コーナーパワーF1)
2 F・キューブ
3 バブルス
4 BC-5P
5 NHJ-3P
6 ノーマルソイル
 


【F・Cube】

【F・Cube】 エフ・キューブ    ※オープン価格  
 JAN-4573105070248

『フィルター革命!』    タンクイン式底面フィルター

ケース寸法 : 180mm(幅) x 120mm(奥行) x 80mm(高さ)
 パイプ長 : 200mm ~ 310mm(パイプ1 スライド式)  
       (パイプ長は組み立て後、ケースの底面からの寸法)
容器内容量 : 約1L (組み立て後 最大容量)
       (ろ材やソイルは付属してません)


【F・Cube】の特徴

F・Cubeは水槽内にセットして、ケース内にリングろ材やソイルやスポンジ(マット)等を入れて使用するケース内エアーリフト式底面フィルターです。

ソイル環境の場合、ソイルは生体に必要な栄養素が多く含まれますが、立ち上げ時には生体に有害なアンモニアなどの成分が出る場合があるので飼育生体はダメージを受ける事があります。

F・Cubeにソイルを入れて使用する場合は予め予備水槽かバケツなどにセットして、数日エアーレーションして有害成分をトリートメント(アク抜き)する事をお勧めします。
ソイルトリートメント後に飼育水槽にセットすれば水質のトラブルは少なく生体のダメージも少なくなります。

シュリンプ等、ソイルを使ってPHや水質を安定させて飼育されてるユーザー様の大きな悩みが、周期的に必要なソイルリセットです。

F・Cubeを使ってシュリンプを飼育する一例として、水槽の底全面にはシュリンプがストレス無く飼育できるように、足場として薄くソイルを敷いて、F・Cubeを上手く使う事によって大掛かりで大変なソイルリセットをしなくても長期間安定した飼育ができる可能性があります。

F・Cubeを上手く使った新しい飼育スタイル
『ソイル(S)リセット(R)レス(R)!』 
”SRR飼育スタイル”

をお楽しみ下さい。

水槽内にセットするF・Cubeの数を変える事によって、様々な水槽の大きさに対応でき、ろ材・ソイル・スポンジフィルターを入れる事によって、魚やシュリンプ等、個々の飼育環境に応じた幅広い使い方が出来ます。

F・Cube交換周期は、飼育環境・リングろ材の種類・ソイルの種類・エアー量の強さによって変わりますのでご注意下さい、



【F・Cube】 組み立て時の注意と取り扱いの注意

各パーツはプラスチック製の為、無理な力を加えると破損する場合がございます。
簡単に外れないように適度な力で組み立てて下さい。
緩く組み立ててセットすると、何らかの衝撃でパイプなどのパーツが外れてしまう可能性があり、外れてしまうとセットしてるソイルやろ材がパーツ内に入るので再セットしないといけない場合がありますのでご注意下さい。

ケース内にソイルやろ材を入れ、水が入ると想像以上に重たくなるので、持つ場所によってはケースが割れてしまう可能性があります。
セットしたり取り出す時はケースの底面を支えて慎重に行って下さい。


ffc10.png


IMG_2049.jpg

10種類の付属部品が入っています。

部品Dの吹き出し口の上面には弊社のchoiceロゴが入ります
ff2.jpg

choiceロゴが入ってるのは MADE IN JAPAN の証なので、弊社のオリジナル商品には出来る限りロゴを入れるようにしています。

2本のパイプはスライド式で、吹き出し口の高さは底面から200mm~310mmにかえれるので自由な高さにセットできます。
吹き出し口を水中内にセットすると水面が水槽上部に近い場合は水面の揺れや泡の跳ねで水槽外に水が溢れたり、泡の音が高い場合があります。
吹き出し口を水面より少し高くセットする事によって音を小さくなったり泡の跳ねを軽減できます。
F・キューブの吹き出し口は水面より少し高くセットした時に水流や泡が横に流れない様に口を下に向けていますので、いろいろな高さでお客様に合ったセットをお試し下さい。


この商品の心臓部になる減圧状態を作りだすアスピレーターという器具、部品Cは弊社商品のバブルチョイスで独自開発したオリジナルパーツです。

アスピレーターとは飼育環境でわかりやすく説明すれば、出水パイプから吹き出す水の流力を利用し、減圧状態を作りベンチュリー効果によって酸素を巻き込んで泡を吹き出す器具です。

そのパーツを、バブルチョイスでは酸素を自然に巻き込む入り口を、F・Cubeではそこからポンプを使って強制的に酸素を送って上昇する泡の力を生み出します。
その泡が上昇する流れに飼育水が巻き込み吸い上げられて水の流れを作る仕組みになります。
(エアーポンプの力によって上昇する流れは変わり、吸い上げられる水量は変わります)

独自開発のアスピレーターを使う事のメリット!
① 目詰まりが殆ど無く、メンテナンスが楽です。
② 泡が自然に上昇する力より、より強い上昇の力が生じます。

底面フィルターとは、そのような泡から巻き込まれる水の流れを利用し、低床に敷いているソイルやろ材を通して飼育水が吸い上げられる仕組みなので非常に理にかなった商品と思います。
一般に販売されている底面フィルターでは酸素を送る先端部分にはエアーストーンを使用されてる事が多いです。
エアーストーンだと長く使用すれば目詰まりが生じる場合があります。
F・Cubeはエアーストーンは使っていないので、長期的に一定の泡の量を確保する事ができます。

F・Cubeは、その心臓部であるオリジナルパーツのアスピレーターを基準に、簡単に組み立てれるように全ての部品一つ一つをオリジナルで設計製作してます。


bbc1.jpg

※外部フィルターからの水流の力で酸素を巻き込み泡を出すアスピレーターの仕組み



ffc1.jpg

※ポンプからの酸素(泡)の上昇する力で水を巻き込むアスピレーターの仕組み




【組み立て完了とセット例】

IMG_2052.jpg

IMG_2053.jpg
パワーハウス社 ベーシックソフトM 1Lをセット



IMG_2051.jpg

IMG_2054.jpg
JUNコーポレーション社  プラチナソイル ノーマル 1Lをセット


【バブルス】

【バブルス】   ※オープン価格  
 JAN-4573105070231

※バブルチョイスの部品の水流分散板を外してのスピンオフリリースです

1.jpg


先端部のパーツは付けなくてもポンプ無しで酸素を巻き込んで泡を出すディフューザーとしては使えますが、水流が少し強くなるのでソイルを入れて飼育している水槽では、稀にソイルが舞う可能性があるのでご注意下さい。
低床がソイルでは無くて強い水流を好む生体を飼育されているユーザーにはこのままでも十分使用できます。

シュリンプの飼育などで水流を穏やかにしたり、流量の少ない水中フィルターに接続したり先端部分をカスタムする場合はバブルチョイスから先端部品をカスタムするより、バブルスからカスタムする方がコストパフォーマンス良しで飼育に合ったパーツを組み合わせれます。
水流分散板だけを付けて本来のバブルチョイスとして使うのであればバブルチョイス購入の方がコストパフォーマンスが良いです。


bcs1.jpg

上画像がバブルチョイスで※印の2パーツを外したセットがバブルス(下画像)です

bcs2.jpg

付属部品 : 1方コック / 本体 / キスゴム / たーチューブ




バブルスの先端に付けるお勧めパーツ

※ コンパクトストレーナー (別売り)
※ BC-5P (別売り)
※ ナチュラルフローパイプ (エーハイム社)


【BC-5P】 ←商品紹介ページ
【コンパクトストレーナー】 ←商品紹介ページ

bcs3.jpg



水槽は30キューブでフィルターはエーハイム社2213を使用しています。
1方コックのエアー調整弁は全開なので泡の量は調整できます。




※ 商品名の”バブルス”はバブルチョイスの部品をチョイと抜いての商品なので”バブルチョイス”の”チョイ”を抜いて”バブルス”です

【チョイスネット】

【チョイスネット】   ※オープン価格  
チョイスネット(黒)四角  JAN-4573105070187 
チョイスネット(黒)三角  JAN-4573105070194
チョイスネット(白)四角  JAN-4573105070200
チョイスネット(白)三角  JAN-4573105070217

チョイスの原点になる選別ネットを再リリース!

最近シュリンプなどの飼育を楽しんでる方の飼育方法は十数年前に比べると少し変わってきてて、3段ぐらいの水槽台を使って小さな水槽を多くセットして飼育されてる方が多くなってます。
その際、生体を掬う時に上部が邪魔になる事が多くてきたのか『柄が伸縮するチョイスネットの販売は再開できないか』とのリクエストにお応えして再販売致します。


シャフト部分はステンレスSUS304を使った伸縮パイプでフレーム部分もステンレスSUS304を使ってるのでサビ難い素材です。

IMG_E1883.jpg



IMG_1874.jpg
IMG_1875.jpg



cn2.jpg


cn1.jpg
・ネットを縮めた時に、シャフトの中に入った水を出す為に先端に水抜き穴を開けてます。
・取り外しが出来るスケールが付いてるので掬った生体の大きさがわかります。



IMG_1881.jpg
IMG_1880.jpg

※フレームノ形状の種類
  ・四角 (一般タイプ 底平形状)
  ・三角 (水槽コーナータイプ 底角形状)
※網の色の種類
  ・黒色 :赤ビー等、体色が白系の生態に適しています。
  ・白色 :黒ビーやシャドウ系等、体色が黒系の生態に適しています。

画像の合計4種類をラインナップ!



cn3.jpg

↑ 赤丸部:脱着可能なスケール(写真は見やすく白色スケールですが実際は全て黒色スケール)
  黄丸部:水抜き穴加工


IMG_0403.jpg

↑ フレームはバネ性のある繊維質なステンレス素材の為、極限の細さに完成


IMG_0404.jpg

   ↑ バネ性がある為、指で摘まんでここまで曲げても形は崩れず、
     指を離せば上の画像のように正常な形に戻ります。
     (水槽のガラス面に沿わして生体を掬う事ができます)



IMG_0399.jpg

   ↑ ※この下の画像は、撮影の為に糸で結んでいます。



【BC-5P】

【BC-5P】   ※オープン価格  
 JAN-4573105070170
 
2013年にリリースしたバブルチョイス用のカスタムパーツです。



【バブルチョイス】 ←リリース時の記事に飛びます



※当時のバブルチョイス 開発からリリースの流れ

2008年頃からコンパクトでシンプルな存在感の少ないディフューザーの設計を始めました。

当時と今とでは一般的にアクアリウムを楽しみむ飼育環境はさほど変わりませんが、シュリンプの飼育を楽しむユーザーの飼育環境は変わってきています。
私がシュリンプと出会ったのが2003年で、当時シュリンプを飼育されてた全ての方(プロブリーダーも含む)の飼育方法は手探りでした。
当時は飼育水を長期間安定さす為に大きめの水槽に厚めのソイルで立ち上げ、ろ過器は外部フィルターが主流でした。
その当時飼育水の溶存酸素量をアップさせるのに使ってた商品(ディフューザー)はエーハイム社の一択で、私も使っていました。
フィルターからの吹き出した水流で酸素を巻き込むしくみなのでディフューザーからの出水の水流がかなり強くなりましたが、水槽が大きかったのでさほど気になりませんでした。
時代の流れでシュリンプの飼育水槽が小さくなり、ディフューザーを使用すると水流が強い為にソイルが堀れて飼育水が濁ったり、シュリンプが水流によって落ち着かずにストレスが原因で弱ったしする事が多くなり、数名のブリーダー様から『水流を弱くして泡が出るディフューザーは作れないか?』と相談があり、それからディフューザーの商品開発に着手しました。
バブルチョイスの開発はそのような流れだった為、当時はタンクインの水中フィルターの流量は考えずに外部フィルターの流量での水流を利用して出来る限り出水の水流を弱くして泡が出るように試行錯誤しました。
フィルターの流量と出水の強さと酸素の巻き込み量(泡の量)のバランスがかなり微妙でした。
現在ではシュリンプの飼育環境が変わってきて、さらに小さな水槽で外部フィルターの使用は減り、投げ込みスポンジフィルターや、タンクインの水中フィルターが多く使われるようになってます。
昨年ブリーダーの方から『GEX社のコーナーパワーフィルター1でバブルチョイスを使えるようにできないか?』と相談がありました。

そのような時代の流れからバブルチョイス用のカスタムパーツ【BC-5P】を開発しリリースとなりました。



bb22.jpg



bb11.jpg

※セット内容 5パーツの部品が入ってます
左上 : 水流分散板
中上 : クリップ(パイプA用)
右上 : パイプA
左下 : チューブL(エーハイム社2211などφ10パイプ用ジョイントチューブ)
右下 : チューブS(GEX社コーナーパワーF1などφ11パイプ用ジョイントチューブ)




b1.jpg



b2.jpg



※GEX社 コーナーパワーフィルター1を使っての使用動画

※動画はGEX社コーナーパワーフィルター1とバブルチョイスとBC-5Pを使用しています。

【出水パイプ/給水パイプ SUSφ13】

『出水パイプ/給水パイプ SUSφ13』

サビにくいステンレス製の出水パイプ(オーバーフローパイプ)と吸水パイプです。
シャープで水槽周りがスッキリと見栄えします。
ガラス製はセット時の綺麗な見た目を維持するにはメンテナンスが大変で、割れる可能性があります。
ステンレス製は見た目がオシャレで頻繁にメンテナンスしなくても綺麗な状態が維持できて、割れる心配がありません。
出水パイプ、吸水パイプ共に2分割できるのでメンテナンスも簡単で、セットしやすく設計してます。
出水パイプの先端部が別パーツなので、固定してる本体パイプ部を動かす事なく出水の角度を変えれます。
吸水パイプは伸縮パイプを採用しているので様々な高さの水槽でセット可能です。




【出水パイプ SUSφ13】   ※オープン価格
  JAN-4573105070132  

出水1


出水



【吸水パイプ SUSφ13】   ※オープン価格
 JAN-4573105070156

吸水1


吸水


【コンパクトストレーナー】 【水流分散板】 

『コンパクトストレーナー』 『水流分散板』



【コンパクトストレーナー】   ※オープン価格
 JAN-4573105070156

ストレーナー1



ストレーナー




【水流分散板】   ※オープン価格
 JAN-4573105070163


分散板1



分散板





※水流分散板のセット方法参考動画






※組み合わせセット例

IMG_1851.jpg



【プラえもん】

【プラえもん】 プラナリア捕獲器   ※オープン価格
 JAN-4573105070118

注意していても水槽内で知らない間に増えてしまう厄介者のプラナリアを簡易的に捕獲するケースです。

※オープン価格

餌は付属していないのでご用意下さい。
プラナリアが好む餌は匂いのキツい動物性の餌と言われています。
鶏レバーは寄りつきが良いですが生餌の場合は水質悪化には十分ご注意ください。
長く放置すると水質悪化の原因になったり、入ったプラナリアがケースから出てしまうので短時間でこまめに捕獲する事をお勧め致します。
今まで検証した結果、同じ水槽でも日や時間帯によってプラナリアが寄る数は変わりました。
一説にはプラナリアもお腹が一杯の時はあまり餌には寄りつかないとの説明もあります。
少しの時間で様子を見ながら寄りつかない時は場所を変えるか時間を変えるかして捕獲する事をお勧め致します。


プラナリアは生存力が強く、切れた体からも再生能力があるのでスポンジに絡まって捕獲したプラナリアはスポンジを洗って再利用せずに、プラナリアが絡まったスポンジはなるべく使い捨てる事をお勧め致します。
(スポンジは3セット分付属しています)

【水槽内にセットする時の注意】

プラナリアの入口穴は小さいので、ケース内や中のスポンジの空気が抜けにくいです。
空気をしっかり抜かないと沈みにくいので、水槽内でケースを振ったり斜めにしたりして空気を抜いて下さい。
あらかじめスポンジを水に浸しておくとスポンジ内に空気は入らないので沈みやすいです。
組みこむ時に水槽内で蓋を閉めればケース内に空気が入りにくいです。



組立手順や使用例は動画をご確認下さい。

プラ

ぷら5

ぷら2



【商品説明の動画】




【使用例の動画】





※使用例の動画はセットしてから1~1.5時間です。(2~3倍速動画)


ひとつ勉強になったのが、上の動画はレッドビー(赤)水槽で下の動画はシャドーブラック(黒)水槽ですが、プラナリアの色が上が赤色で下が黒色になっててビックリ!
プラナリアの順応性恐るべし・・・

『そだね~』



下の動画のケースを開けるとスポンジ内部に黒いプラナリアが沢山捕獲できました。

1634.jpg



【コケ取りゾウさん】

【コケ取りゾウさん】   ※オープン価格
 JAN-4573105070125

水槽のガラス面に付くヒドラやコケを取るスクレイパーです。
底面の小さなゴミや糞なども掃除機感覚で吸い取れます。

(チューブの内径より大きなコケやゴミや糞などはチューブ内で詰まる場合があるのでご注意ください)

シャフト部は精度の良い日本製のステンレス伸縮パイプを使用しています。
全長は180mm~430mmに伸び縮みするので、さまざまな高さの水槽でストレス無く使用できます。
先端のアタッチメントはコケ用(大)とヒドラ用(小)の2種類付属しています。


注意 : アクリル水槽では擦れキズが付く可能性があるので使用はご遠慮ください。
チューブは付属してないのでご用意して下さい。

コケ

こけ3


【商品説明の動画】


【使用例の動画】


【コケ取りゾウさん 交換パーツ】   ※オープン価格
 JAN-573105070224

IMG_1910.jpg

【吸盤レスシリーズ】

【吸盤レスシリーズ】各種      ※オープン価格
 ユニバーサルクリップ(L) :JAN-4573105070071
 ユニバーサルクリップ(M) :JAN-4573105070064
 ISクリップ        :JAN-4573105070057
 セーフティプレート     :JAN-4573105070095
 CO2ボトルホルダー    :JAN-4573105070088
 ジョイントA        :JAN-4573105070101

アクアリウムを楽しむに必要な消耗品の吸盤(キスゴム)をなるべく使わないように器具などをセットできる商品です。
吸盤は劣化すると吸着力が衰えてきて、器具などを固定してる時など知らず知らずに外れてる場合があり、ただ外れるだけだと良いのですが、器具によって稀に飼育生体や飼育部屋に大変なダメージになる場合があります。
そのようなトラブルを少しでも改善できる、器具の固定に吸盤を使わずに水槽上面に引っ掛けるクリップタイプの新商品です。

吸盤を使わない・・・
吸盤レス・・・
”Ress Q Series!”
レスキューシリーズです!

今回リリースするレスキューシリーズの新商品は5アイテム(全て組み立て式)、1カスタムパーツです。
※オープン価格

IMG_1315.jpg
左から
ユニバーサルクリップ(L)、ユニバーサルクリップ(M)、ISクリップ

IMG_1316.jpg
左から
セーフティプレート、CO2ボトルホルダー、ジョイントA(カスタムパーツ)


【ユニバーサルクリップ(L)、(M)】
ユニバーサル(一般的、万能)クリップ

IMG_1319.jpg
IMG_1318.jpg
IMG_1306.jpg
給水、排水パイプを吸盤を使わずに固定する商品です。
16/22用が(L)で12/16用が(M)なので購入の際はお間違えの無いようにお願い致します。
商品を2個使ってクリップを縦にすればシャワーパイプの固定にも使えます。
その他、網などメンテナンス器具のスタンドとしても使用できます。
(メンテナンス器具がクリップの間から落ちる場合は、クリップの先端を輪ゴムを引っ掛ければ落ちなく使えます。)

IMG_E1293.jpg
※レスキューシリーズの全て(カスタムパーツ以外)の商品に付属する引っ掛けプレートと水槽ガラスの厚みに応じたスペーサー(5mm用、6mm用、8mm用)です。
10mm厚のガラス水槽の場合はスペーサー無しで使用します。

IMG_E1295.jpg
パッケージ内の付属パーツ

【ISクリップ】
Infinity(無限) Sponge(スポンジ)
無限にスポンジをクリップ

IMG_1321.jpg
IMG_1310.jpg
一般に市販されてるパイプ部分のパイプ径がφ15のスポンジフィルターを吸盤を使わずに固定する商品です。
(パイプ径がφ15以外は使用できません)
水槽の高さは底砂の厚みにもよりますが、一般的に30H~36Hを主に設計してます。
ベアタンクの場合36H水槽ではスポンジが底まで下げれません)
36H水槽でベアタンクの場合やそれ以上に高い水槽にセットする場合な、同時リリースのカスタムパーツ”ジョイントA”(別売り)をご利用ください。

IMG_1312.jpg
ジョイントAの使用例

スポンジフィルターをセットしたり、スポンジのメンテナンス時に、引っ掛けクリップを持って上げれるので飼育水内に手を入れなくてもよく、吸盤の場合は外す時の衝撃でスポンジ内の汚水が飼育水内に広がり、水が濁る場合がありますがISクリップでセットするとそのようなトラブルは少ないです。

IMG_1311.jpg
(スポンジに水が含まれると重いのでゆっくり上げてください)

IMG_E1293.jpg
※レスキューシリーズの全て(カスタムパーツ以外)の商品に付属する引っ掛けプレートと水槽ガラスの厚みに応じたスペーサー(5mm用、6mm用、8mm用)です。
10mm厚のガラス水槽の場合はスペーサー無しで使用します。

IMG_E1297.jpg
パッケージ内の付属パーツ

【セーフティプレート】
セーフティ(安全)プレート
市販されてるガラス製の給水・排水パイプで吸盤が劣化して外れると水槽上面にガラスが当たって破損し大変なトラブルが生じる場合があります。
そんな場合でもセーフティプレートを付けていれば万が一吸盤が外れても落ちる事なく支えて安心です。

IMG_1317.jpg
IMG_1305.jpg
セット例

IMG_E1293.jpg
※レスキューシリーズの全て(カスタムパーツ以外)の商品に付属する引っ掛けプレートと水槽ガラスの厚みに応じたスペーサー(5mm用、6mm用、8mm用)です。
10mm厚のガラス水槽の場合はスペーサー無しで使用します。

IMG_E1294.jpg
パッケージ内付属パーツ

【CO2ボトルホルダー】
74gのCO2ボンベ用の引っ掛けタイプのホルダーです。

IMG_1320.jpg
IMG_1308.jpg
レギュレーターの取り外し時はボトルを必ずホルダーから外してセットして下さい。
レギュレーターを付けてをセットした時にはレギュレーターの上部が水槽の高さより少し高くなります。
高くても使用には問題ありませんが、観賞的にレギュレーター上部を水槽上面より下げたい場合は、カスタムパーツ”ジョイントA”(別売り)をご利用ください。

IMG_1309.jpg
ジョイントAの使用例

IMG_E1293.jpg
※レスキューシリーズの全て(カスタムパーツ以外)の商品に付属する引っ掛けプレートと水槽ガラスの厚みに応じたスペーサー(5mm用、6mm用、8mm用)です。
10mm厚のガラス水槽の場合はスペーサー無しで使用します。

IMG_E1296.jpg
パッケージ内の付属パーツ

【ジョイントA】
吸盤レスシリーズ カスタムパーツ

IMG_1322.jpg
IMG_E1299.jpg

吸盤レスシリーズの全てに取り付け可能なパーツです。
吸盤レスシリーズをセットした時の高さを65mm、54mm、43mmの3段階下げる事が出来ます。
ジョイントAは連結可能な為、更にそれ以上下げたい場合は連結してご利用下さい。

【クリアーキュー】

【クリアーキュー(M)/(L)】   ※オープン価格
(M) JAN-4573105070033
(L) JAN-4573105070040


水槽内の吸水パイプや排水パイプの固定に欠かせない消耗品、クリップ付吸盤!

有りそうで無かった吸盤付きクリアークリップで、水槽の周りをリフォーム!
水槽内の美観を崩さず、スッキリ見せるアイテムです。



cqm.jpg



cql.jpg



(設置参考画像)
19.jpg





【バブルチョイス】

【バブルチョイス】   ※オープン価格
 JAN-4573105070026


pop2.jpg



IMG_1131.jpg



IMG_1113.jpg


商品名:Bubble Choice (バブルチョイス)  2013年6月中旬リリース  




IMG_1081.jpg


↑画像の6点セットで販売

左中 : エアーチューブ(約20cm) -1本
左上 : チューブ用キスゴム     -1個      
中上 : クリップ             -1個         
右上 : 一方コック           -1個
左下 : 水流分散板          -1個
右下 : アスピレーター        -1個



IMG_1100.jpg
↑ (組立参考画像)
※撮影の為、チューブは短くしています。



【特徴】


エアーポンプを使わずに水の流力を利用して飼育水に酸素を取り入れれます。

クリアー素材のプラスチックで作ってる為、水槽内の美観を崩さずにシンプルな設計になってます。

泡の量は、一方コックのツマミを回す事によって調整できます。

外部フィルターの出水パイプ(オーバーフローパイプ)Φ13(12/16mmホース用)に取り付けできます。

泡の量や泡(水流)の方向を自由に変えれます。


IMG_1094.jpg

水流分散板をセットせずにアスピレーターだけを取り付けた場合は、水流(泡)が少し上に流れるように設計してます。

IMG_1121.jpg
↑ アスピレーター
※アスピレーターの先端径はΦ13なので市販されている様々なパーツも取り付けれます。

↓ (アスピレーターだけをセットした参考動画①)
[広告] VPS

動画で泡や水流が見やすいように一方コック(泡調整コック)はかなりオープンにしています。



IMG_1092.jpg

水流分散板をセットする事によってディフューザー独特の強い水流を分散させる為、ソイル等の強い水流で舞いやすい底床素材でも舞いにくい設計になってます。

IMG_1119.jpg
↑ 水流分散板



↓ (アスピレーターと水流分散板をセットした参考動画②)
[広告] VPS

一方コック(泡調整コック)のオープン度は動画①と同じです。
動画①と②を見比べてわかるように、上に向いた水流を屈折さす事によって水流が分散し、緩やかな水流で泡が細かくなって水槽全体に行きわたるので、止水域を減らす効果もあります。


細かいソイルでも舞いあがりません。
(当社水槽での検証結果)


酸素を取り入れる他に、夏場の水温上昇を下げたり水流を分散する事によって水が活性化し飼育生体の健康維持に適してます。



アスピレーターをセットせずに出水パイプに水流分散板だけをセットしても強い水流を分散する事もできます。


水流分散板を上に向ければ、水流がドーム状になり、水面が低ければそのまま綺麗なドーム状が楽しめます。
水面が高い場合はパイプをそのまま水中に入れ、綺麗なドーム状は目には見えませんが水の流れは維持できるので水面を自然に揺らす事ができ、アスピレーターを使わなくても酸素を取り入れれます。

水面が揺れる事によって油膜対策にもなるので、水草育成やレイアウト水槽等にも適します




↓ (水流分散板だけをセットした参考動画③)
[広告] VPS



※動画で使用してるフィルターは、全てエーハイム社クラッシックフィルター2213(60Hz 500L/h)です。







【飼育水槽にバブルチョイスをセットした参考画像】

hcf.jpg



ccc.jpg



sa.jpg


ha2.jpg



ha1.jpg





【チョイスパウダー】

【チョイスパウダー】   ※オープン価格
JAN-4573105070019

ミロネクトン粉末 100g入り  スプーン付     


ミロネクトンとは太古の海泥で軟質多孔性古代海洋腐植質です。
動植物ミネラル化石体(ケイ酸質)等からなる各種ネクトン(殻・魚類)、プランクトン(微生物)、藻類、海藻、その他の生物類が地殻の変動により埋没堆積し、数千万年を経過した貴重な資源です。
動植物に必要なミネラル(微量要素)を多種類含有しています。


その為、飼育水内のバクテリアの活性化や生体や水草の生長を促進させ病気予防にも適しています。
水の活性化により水草の生長が早くなり、甲殻類などの脱皮促進の効果もあります。
また、消臭効果もあり水槽内の活性化に伴い生態系のバランスが保て、水が早期に立上がり長期飼育が容易になります。


cp1.jpg



mk1.jpg

飼育水の活性化により水草の成長が促進されます。

【Contact】

〓Choice〓      チョイス
〒583-0845
大阪府羽曳野市広瀬331番6
E-mail:info@choice※※※※.com

商品取り扱いショップ様募集!
上記アドレス
※※※※→2006に変更して
メールにてお問い合わせ下さい
【オリジナル商品一覧】
【Dealer】










【のんびり日記】
”継続は力なり”