FC2ブログ

【ステンレス Lパイプ】 SUSφ13シリーズ

 商品名:【ステンレス Lパイプ】 SUSφ13シリーズ  
              ※オープン価格 
      JAN-4573105070286

L1.jpg

L2.jpg


サビにくいステンレス製で作り上げた SUSφ13シリーズに、ユーザー様の要望により【Lパイプ】のリリースです。


外部フィルターで使う吸水パイプや出水パイプは、使ってるうちにどうしてもパイプ内部に水垢が付着します。
クリアーなプラスチック製やガラス製のパイプは、使い始めは綺麗ですが、水垢など内部に付着した汚れは目立ちます。
その為、綺麗な水景の目ざわりにならないようにするには頻繁に内部を洗浄メンテナンスしなければなりません。

しかしパイプ内に付着した水垢など(凹凸やビラビラした部分)は自然にできる ろ材の役割になり、飼育水をろ過するにはプラスなところもあります。
水景の美観を保つ為、パイプ内を頻繁に洗浄メンテナンスするには外部フィルターを停止させる必要があります。
フィルターやパイプ内を弄りすぎると、飼育してる生体にマイナスになるところもあります。

ステンレス製のパイプだと内部が見えない為、長期間メンテナンスしなくても綺麗な水景の邪魔にはなりません。

SUSφ13シリーズは高価なステンレス製を使用し、リーズナブルな価格で提供してますので、興味のあるユーザー様はメタル感(エレガント&シック)のあるSUSφ13シリーズのパイプをお試し下さい。 



2018年6月にリリースした【出水パイプ/吸水パイプ SUSφ13】 

【出水パイプ SUSφ13】
D1.jpg

D2.jpg

【吸水パイプ SUSφ13】
K1.jpg

K2.jpg

【画像提供】    株式会社チャーム様 


スポンサーサイト



【バブルアップ】

 商品名:【バブルアップ】  ※オープン価格   
                          JAN-4573105070279



投げ込みフィルター独特の水面の水跳ねを和らげる効果があります。

下の画像の【セットイメージ】のようにフィルターの吹き出し口とバブルアップのC部品に隙間(5mm~10mm)を開ける事によって、泡が上昇する水の流れに周りの飼育水が巻き込まれて上昇するので、水槽全体の飼育水が緩やかに循環し飼育水の活性化止水域エリアを少なくする効果もあります。



bu1.jpg

bu2.jpg


【組み立て・セッテイング動画】



【マルチホルダー】

 商品名:【マルチホルダー】  ※オープン価格   
                            JAN-4573105070262



デジタル水温計や網などを手軽に置いたり掛けたり出来るクリアーなホルダーです。
吸盤で水槽面に付けタイプなので、吸盤が付く所であれば好きな場所にセットできます。
水温計や網以外でも、
水槽を立ち上げた日時などのメモを置いたり出来るマルチホルダー!

※注意 
吸盤の劣化で外れる場合があるので、メンテナンスハサミやピンセットなど重い物は置かないで下さい




mh4.jpg


mh1.jpg

MMM2.jpg

mh7.jpg


mh2.jpg

mh3.jpg
(画像:日本動物薬品(株)社 マルチ水温計CT)



※吸盤で取り付ける便利なマルチホルダー
水槽のガラス面以外でも、吸盤が付く場所であれば設置可能です。
冷蔵庫に付けて賞味期限順のメモを置いたり、家族間の伝言メモのホルダーに使ったり、スマートフォンを置いたり、使い方いろいろです。

【注意】吸盤は劣化で吸着力が弱くなるので、置いた物の落下での破損は自己責任にてお願い致します。

【MHJ-3P】

【MHJ-3P】 マルチ・ハイブリッド・ジョイント!   
               ※オープン価格    JAN-4573105070255

『市販商品のパーツを使って自分だけのオリジナルアイテムを!』 

個々の自由な発想や拘りで、いろんな商品パーツの組み合わせが簡単にできるカスタムパーツです。
アクアリウムを幅広く無限大に楽しみましょう~


Let's have fun ”aquarium”!

『飼育も商品も新しいアイディアは物を弄った向こう側にある
 例えそれが失敗だったとしてもいつか必ず成功の道しるべとなる!』



MH.jpg

IMG_2158.jpg
【 付属部品 : P1  P2  栓 】   

HMJ1.jpg


【MHJ-3P】 使用例の動画


使用例(1)



使用例(2)



使用例(3)



使用例(4)

【使用例(4)の動画に使用した商品】
1 モーターヘッド (GEX社 コーナーパワーF1)
2 F・キューブ
3 バブルス
4 BC-5P
5 NHJ-3P
6 ノーマルソイル
 


【F・Cube】

【F・Cube】 エフ・キューブ    ※オープン価格  
 JAN-4573105070248

『フィルター革命!』    タンクイン式底面フィルター

ケース寸法 : 180mm(幅) x 120mm(奥行) x 80mm(高さ)
 パイプ長 : 200mm ~ 310mm(パイプ1 スライド式)  
       (パイプ長は組み立て後、ケースの底面からの寸法)
容器内容量 : 約1L (組み立て後 最大容量)
       (ろ材やソイルは付属してません)


【F・Cube】の特徴

F・Cubeは水槽内にセットして、ケース内にリングろ材やソイルやスポンジ(マット)等を入れて使用するケース内エアーリフト式底面フィルターです。

ソイル環境の場合、ソイルは生体に必要な栄養素が多く含まれますが、立ち上げ時には生体に有害なアンモニアなどの成分が出る場合があるので飼育生体はダメージを受ける事があります。

F・Cubeにソイルを入れて使用する場合は予め予備水槽かバケツなどにセットして、数日エアーレーションして有害成分をトリートメント(アク抜き)する事をお勧めします。
ソイルトリートメント後に飼育水槽にセットすれば水質のトラブルは少なく生体のダメージも少なくなります。

シュリンプ等、ソイルを使ってPHや水質を安定させて飼育されてるユーザー様の大きな悩みが、周期的に必要なソイルリセットです。

F・Cubeを使ってシュリンプを飼育する一例として、水槽の底全面にはシュリンプがストレス無く飼育できるように、足場として薄くソイルを敷いて、F・Cubeを上手く使う事によって大掛かりで大変なソイルリセットをしなくても長期間安定した飼育ができる可能性があります。

F・Cubeを上手く使った新しい飼育スタイル
『ソイル(S)リセット(R)レス(R)!』 
”SRR飼育スタイル”

をお楽しみ下さい。

水槽内にセットするF・Cubeの数を変える事によって、様々な水槽の大きさに対応でき、ろ材・ソイル・スポンジフィルターを入れる事によって、魚やシュリンプ等、個々の飼育環境に応じた幅広い使い方が出来ます。

F・Cube交換周期は、飼育環境・リングろ材の種類・ソイルの種類・エアー量の強さによって変わりますのでご注意下さい、



【F・Cube】 組み立て時の注意と取り扱いの注意

各パーツはプラスチック製の為、無理な力を加えると破損する場合がございます。
簡単に外れないように適度な力で組み立てて下さい。
緩く組み立ててセットすると、何らかの衝撃でパイプなどのパーツが外れてしまう可能性があり、外れてしまうとセットしてるソイルやろ材がパーツ内に入るので再セットしないといけない場合がありますのでご注意下さい。

ケース内にソイルやろ材を入れ、水が入ると想像以上に重たくなるので、持つ場所によってはケースが割れてしまう可能性があります。
セットしたり取り出す時はケースの底面を支えて慎重に行って下さい。


ffc10.png


IMG_2049.jpg

10種類の付属部品が入っています。

部品Dの吹き出し口の上面には弊社のchoiceロゴが入ります
ff2.jpg

choiceロゴが入ってるのは MADE IN JAPAN の証なので、弊社のオリジナル商品には出来る限りロゴを入れるようにしています。

2本のパイプはスライド式で、吹き出し口の高さは底面から200mm~310mmにかえれるので自由な高さにセットできます。
吹き出し口を水中内にセットすると水面が水槽上部に近い場合は水面の揺れや泡の跳ねで水槽外に水が溢れたり、泡の音が高い場合があります。
吹き出し口を水面より少し高くセットする事によって音を小さくなったり泡の跳ねを軽減できます。
F・キューブの吹き出し口は水面より少し高くセットした時に水流や泡が横に流れない様に口を下に向けていますので、いろいろな高さでお客様に合ったセットをお試し下さい。


この商品の心臓部になる減圧状態を作りだすアスピレーターという器具、部品Cは弊社商品のバブルチョイスで独自開発したオリジナルパーツです。

アスピレーターとは飼育環境でわかりやすく説明すれば、出水パイプから吹き出す水の流力を利用し、減圧状態を作りベンチュリー効果によって酸素を巻き込んで泡を吹き出す器具です。

そのパーツを、バブルチョイスでは酸素を自然に巻き込む入り口を、F・Cubeではそこからポンプを使って強制的に酸素を送って上昇する泡の力を生み出します。
その泡が上昇する流れに飼育水が巻き込み吸い上げられて水の流れを作る仕組みになります。
(エアーポンプの力によって上昇する流れは変わり、吸い上げられる水量は変わります)

独自開発のアスピレーターを使う事のメリット!
① 目詰まりが殆ど無く、メンテナンスが楽です。
② 泡が自然に上昇する力より、より強い上昇の力が生じます。

底面フィルターとは、そのような泡から巻き込まれる水の流れを利用し、低床に敷いているソイルやろ材を通して飼育水が吸い上げられる仕組みなので非常に理にかなった商品と思います。
一般に販売されている底面フィルターでは酸素を送る先端部分にはエアーストーンを使用されてる事が多いです。
エアーストーンだと長く使用すれば目詰まりが生じる場合があります。
F・Cubeはエアーストーンは使っていないので、長期的に一定の泡の量を確保する事ができます。

F・Cubeは、その心臓部であるオリジナルパーツのアスピレーターを基準に、簡単に組み立てれるように全ての部品一つ一つをオリジナルで設計製作してます。


bbc1.jpg

※外部フィルターからの水流の力で酸素を巻き込み泡を出すアスピレーターの仕組み



ffc1.jpg

※ポンプからの酸素(泡)の上昇する力で水を巻き込むアスピレーターの仕組み




【組み立て完了とセット例】

IMG_2052.jpg

IMG_2053.jpg
パワーハウス社 ベーシックソフトM 1Lをセット



IMG_2051.jpg

IMG_2054.jpg
JUNコーポレーション社  プラチナソイル ノーマル 1Lをセット